雇用形態を見直す時

学校を卒業し、看護師として活躍している方の中には「毎日、時間に追われながら仕事をしている」という方も多いと思います。やはり、卒業後の仕事は正社員で働いている方が多いでしょう。独身の頃には、何よりも仕事を優先にしてきた方が多いと思います。しかし、結婚をした方やお子さんが出来た方の中には、「今まで通り仕事をするのは難しい」と考えている方もいるでしょう。そんな方の中には、「仕事を辞めるしかない」と思っている方もいると思いますが、雇用形態を変えることで仕事と家事、育児との両立を目指すことが出来ますよ。看護師の仕事は正社員といった働き方だけではなく、パートやアルバイト、派遣といった働き方もあります。今の職場で、雇用形態の変更が出来るのであれば、相談してみると良いでしょう。「ここでは、雇用形態を変えることは難しい」という方であれば、一旦退職をしてパートやアルバイト勤務出来る転職先を探すと良いでしょう。アルバイトやパートであれば、勤務時間が短かったり勤務日数が少ないものもありますから、こういった勤務であれば無理なく仕事が続けられるはずです。体調を壊してしまっている方も、こういった勤務形態を変えることで、体への負担を抑えることが出来るでしょう。

また、山形では山形大学が行っている「看護師リフレッシュ研修」を始めとして様々な復職支援がされていますから、「やむなく看護師の仕事を辞めてしまったけれどもう一度看護師として働きたい」という人には復職しやすい環境ではないでしょうか。ライフスタイルの変化に合わせて、職場だけでなく働く地域を変えてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です